FC2ブログ

anemone

Welcome to my blog

鬼ノ哭ク邦の体験版をプレイしてみた感想と雑談

お久しぶりですこんにちは~!まずはいつもブログにお越しくださり、前回の感想に拍手と応援のポチをありがとうございました!
レンドの感想を前回更新してしばらく経ってから、ユベールだけネタバレなし感想書くの忘れているわ!!!って気付いて、しれっと書き足しとこうかな~って思ったんですけどそのまま行く事にしました(笑)
ユベール本当ごめん・・・決して彼が感想書くほど面白くなかったとかではありませんので!!(´・_・`;)
何日にも渡って書き綴ってたのもあって本当に忘れてただけですごめんなさいw

さてあれから(前回の更新から)ですね~なにひとつゲームが終わっておりません○| ̄|_
完全にプレイ意欲が乙女ゲームよりRPGになってしまっているってのもあるけど、そもそもゲームする気力と体力がなくて・・・それなのに新作購入意欲は衰えないので一応購入予定にしてたものは、ライラ以外全部予約済みだよ\(^o^)/
物欲も衰えてくれたらいいのにそう簡単な話ではないですな(笑)
とりあえず今、トリアイをのんびりプレイしながらルンファク4をプレイしたり、鬼ノ哭ク邦がずっと気になっていたので体験版をプレイしてみたり・・・といった日々を過ごしております。

あと先週末また出張で東京に行ったんだけど、やっぱり体力と体調が戻ってなくて友達にちょっと会っただけで5時過ぎにはもうホテルへ直行していました・・・(;д;)
結局ピオフィコラボ中のクレパラにも行けなかったし、ラキドのバクシーフレグランスの香りがどんなものか確かめに行こうと思ってたのも行けずでした_(:□ 」∠)_
折角仕事でだけど東京へ行けたのに・・・。帰りも会議終わってすぐトンボ帰りしたのでどこかへ行く余裕もなかった・・・。
またたぶん冬にも仕事で東京へ行かねばならんので次こそはのんびり観光もしたい!

とまぁこんな感じで・・・何一つ感想を書くものも無く・・・喋ることも特にないといった日々を過ごしているんだけど、乙女ゲームとは全く(?)関係ないけど、プレイがひと段落したルンファク4でまた自分がプレイしなおす時に覚えておきたい事とかをちょこっとプレイ日記という形で書き残しておこうと思って今日ブログ更新しに来たんだけど、まず体験版をプレイした『鬼ノ哭ク邦』の感想も書いておきたかったので今日はその話をします!(笑)
私と同じ様に購入を悩んでる方の検討材料の一つになればいいかなーって思っているんだけど・・・実は結局体験版プレイしても私はどうするか決断できませんでした!\(^o^)/←
その理由はこれから書くんですけど・・・悩んでる方はとりあえず体験版プレイしたほうがいい!!っていう事だけはお伝えしておきます・・・。

まったく役にたつレビューにはなっていないです(笑)それを頭にいれて読んでくださいねwww
全く興味がない方はここでそっとブラウザを閉じてくださいね~( ^ω^ )


まずは鬼ノ哭ク邦について・・・。
鬼ノ哭ク邦とはどんなゲームかと言うと・・・
輪廻転生によって命が繁栄した世界の話で、死したことを生者が悲しむことによって死者がこの世に留まってしまって成仏=輪廻転生が出来ないから生者は悲しんではいけない。輪廻転生を妨げることは禁忌だっていう世界で、成仏出来ずにいる死者(迷イ人)を輪廻転生へ導く存在が逝ク人守リ(イクトモリ)というもので、主人公もその逝ク人守リなんですよね。

体験版では1章だけがプレイ出来るんですけど、ストーリーとか世界観とか・・・ちょっと設定が特殊ということもあって1章だけでは理解出来ない部分もあったんだけどとても面白かった・・・!!
この↓の動画を見てもらったら分かると思うんですけど



テクスチャーがちょっと懐かしいような・・・まるで絵本を読んでいるかの様な雰囲気で凄く独特な雰囲気があるんですよね。
綺麗な映像もいいけど、こういう感じも個人的に凄く好きなので一気に独特な世界観に引き込まれました・・・。
まだ買ったままで未プレイである『いけにえと雪のセツナ』もこんな感じだったのでこれがTRFの作風なのかな?
個人的にはテーマとか世界観とかは大好きなんだけど、ただちょっとプレイしてみて感じた事が、戦闘システムが難しめだなと感じました。

難易度はいつも簡単なモードから始めるので鬼ノ哭ク邦に関しても一番簡単なモードで始めたんだけど、一番最初のボスっぽいところで速攻死んでゲームオーバーになりました(笑)

なんていうかね・・・本当戦闘システムが一般的なアクションRPGゲームとは違って特殊なんですよね。
一応戦闘の仕方とかの説明はあるんだけど、説明が充分ではなくて逝ク人守リの戦闘スタイルが鬼ビ人を憑依させてそれにあった武器で戦うスタイルなんですけど、その鬼ビ人が2体目ゲットした時に『R(Rでも右スティックの意味だった・・・)で切り替えて早速使ってみよう』みたいなクエストが出たんだけどいくらボタンを押しても切り替わらないんですよ!!!
敵から逃げながら試行錯誤してボタンを長押ししてやっと切り替わる事に気付いたんだけど、Rボタン長押しで切り替えってちゃんと書いといてくれよ!!って思いました・・・。
ボタンの説明も記号での説明なので(例えば右ステックだとRを○で囲んだ図)ちょっと分かりづらいんですよね;;
あとはダッシュで回避とかって単語が出てきてもダッシュが何ボタンなのか書いてなかったり、回復アイテム落ちてるんだけど拾えないし(これは所持できる数が決まっていてボタンを押して拾うわけではなく勝手に回収されるタイプで最大数所持していたら拾わないといったシステムでした・・・後々最大所持数も増えていくのかもしれないけどそういう説明が一切無いので気付くまでそうとうウロウロしてしまった・・・)なんかちょっと説明が足りなくて不親切さを感じました・・・。

鬼ビ人によってジャンプ出来たり防御できたりするみたいなんだけど、そのジャンプもどのボタンで行うのか書いてないから結局私は体験版では一度もジャンプ機能使えなかったよ(笑)
体験版終わるまで戦闘中ずっと頭に『???』浮かんだままでしたwww
鬼ビ人という名のジョブを切り替えていろんなスタイルで戦闘出来たり、育てていって出来るアクションを増やすっていうシステムは面白いなーと思ったけど、切り替えにちょっと時間が掛かったり、あと視点変更が出来ないので(私が理解出来てなかっただけかもしれないけど)ダンジョンの探索がやりづらかったり、戦闘中大きい敵だと主人公が隠れてしまって今何処にいるのか分からなくなったりと若干難ありな感じで慣れるまでに時間が掛かりそうでした。

私はSwitch版をプレイしたからっていうのもあるかもしれないんだけど、Switchって左右にスティックがあり、右のジョイコンにABXFボタン、左スティックに十字キーがあってその上R・Lボタンだけじゃなくてもう1種類ZR・ZLというボタンもあるのでとにかくボタン数が多いのでどのボタンがどんなアクションだったか覚えるだけでも大変だなって思いました・・・。まぁ慣れればどうとでもなるんだろうけど・・・。

ってな感じでちょい戦闘に難ありで結局買うかどうするべきかを私は決められませんでした・・・(笑)
ストーリーは面白そうなんだけど、体験版でプレイ出来たとこまでの感じだとかなりのボリュームそうなので、戦闘難ありで最後まで駆け抜けられるのか不安が若干あるんですよね・・・でも面白そう・・・っていう感じで決められない!www
やり込めばやり込むほど戦闘で行えることが増えていく感じなのでもしかしたらもっとやりやすくなるかもしれないしもっと難しくなるかもしれない・・・( ^ω^ ;)

なのでとりあえず購入をどうするか悩んでる方や戦闘に不安を感じる方は体験版プレイしてみることをオススメしますー!!
もうちょい安くなれば私は絶対購入するんだけど、今の価格だと若干手を出すのに勇気がいるなといった感じでした。


ということで全くためにならないレビューになってしまいましたがここまで読んでくださった方ありがとうございました!
この間の会議で、来月から激務になること間違いなしって感じだったのでそれまでにルンファク4のプレイ日記も書きにきますp(*^-^*)q



それではここまでお付き合いくださりありがとうございました!



あまり更新できてませんが・・・
応援のポチをよろしくお願いします\(^▽^)/

にほんブログ村
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply

About this site
About me
乙女ゲームが大好きなとっくに成人済みのオタクです。
ここでは主に自分のプレイしたゲームなどの感想をただひたすら呟いています。
どうぞお気軽にお声がけください♪とても喜びます(*´ω`*)w

【画像について】
当ブログで使用するバナー、画像等の著作権は全て各会社様に帰属致します。