FC2ブログ

anemone

Welcome to my blog

蝶々事件ラブソディック【総評・まとめ感想/ネタバレ無し】

こんばんはー!!いつもブログにお越しくださりありがとうございますヾ(o´∀`o)ノ
そしてお昼にも言ったけど・・・昨日の感想に拍手と応援のポチまでありがとうございました!
いつも更新の励みとなっております~♪(o・ω・)ノ))

お昼に自分への戒めの為、変なブログを更新してしまいましたが・・・あれを確認しながらちょっとずつ消化できるように頑張ろうと思いますー!!
新作買ってたら増える一方であんまり減ってない気がするので今後はちょっと控えなくちゃなー(-∀-;)

それでは今日は蝶々事件のまとめ感想です~(=゚ω゚)ノ
一応、まとめ感想はネタバレない様に気をつけて書いておりますが、結構好き勝手に感じたまま私なりの評価をしていますので購入するかどうかの検討材料の一つとして軽い気持ちでご覧ください(^∇^)



蝶々事件ラブソディック
商品詳細ページ
(タイトルクリックで公式サイト、画像クリックでamazonの商品詳細ページへ飛びます)

プレイ期間:2019/4/4~4/19

(私自身の評価で★5つ満点でいくつか評価しています。)
《総評》★★★☆☆ 3
《シナリオ》★★★☆☆ 3
《糖度》★★★☆☆ 3
《スチル》★★★☆☆ 3
《機能面》★★★☆☆ 3
《おまけ》★★★☆☆ 3
《おすすめ度》★★★☆☆ 3

オール3!(笑)可もなく不可もなくって感じの作品でした。
いや、面白かったのは面白かったんですよ!
伏線がちりばめられていて回収もちゃんと出来るし、各ルートの辻褄もあっているし、予測出来ない展開だらけで驚きも多く、とても良かったんだけど最後がすごくあっさりしすぎているというか・・・。
一つ一つきちんと繋がっているのに最終的にはなんら解決していないっていうなんか良く分からない事になっていて面白いんだけどモヤモヤは残ってしまう作品でした。すごく勿体無い!
各キャラの心情の描き方は凄く丁寧で良かったんだけど、恋愛過程に関してはどちらか一方を丁寧に描いているけどもう片方は全然・・・だったりして、事件が大きく展開していけば行くほどキャラによっては恋愛面があまりにもあっさりしすぎている感じでした。
なので恋愛要素を重視している方にとっては凄く物足りないと感じるかもしれません。

あと設定を色々と膨大にしすぎてて上手く活かしきれてない印象がありました。
がっちがちに攻略制限がかかっていたにも関わらず、あまり意味がなかったような気がするのは私だけだろうか・・・?
もちろん最後のキャラはあれはとんでもない奴(笑)だったので鍵が掛かってるのは分かるんだけど、最初に攻略出来る遥さまが結構他のキャラのネタバレ多いルートだったと思うのですよ。
あんなにがっちがちに攻略制限掛けるなら遥さまもかければよかったのにな~と思いましたので、もしこれからプレイするよー!って方は将成を一番最初にプレイする事をオススメします。

どのルートも本筋の流れは同じだけど、全く違う展開で進んでいくのでそれぞれ違った面白さがあったのは良かったです。
私はまったくどんな話なのかも調べずにプレイしたので初回プレイの衝撃が凄かったです(笑)その点まったく予想していなかったシナリオだったのでそこがまた凄い面白くてwww
なのでこの作品はどういう話か知らずにプレイした方が楽しめると思います!のでどんな内容かはここでは触れないようにしますね(笑)

あとこの作品はキャストさんの演技力の凄さで成り立っているなと感じました。
村瀬くんの女と男の演じ分けも凄かったし、松岡さんのイ織は絶対好きになれないと思ったのに脆い時の松岡さんの演技に見事やられたし浪川さん(一応ふせとこう)の無の演技をやらせたらほんと素晴らしいなの一言で、もー皆言い出したらキリがないくらい本当にキャストさんの演技力が凄すぎて本当に素晴らしかったです。
特に個人的にやっぱすげー!!って思ったのが興津さんの演技ね・・・。
周防さんの声が今回すごくねばっこいなーって思ってたんだけど、それって周防さんの正体が関係していて、彼の過去とか見ているとそういうことか!!!って凄く感動したんですよー!!!(多分これ読んでるだけじゃなんのこっちゃって感じだと思うので是非プレイして確認してくださいwww)

シナリオ自体は、じわじわ面白くなっていってそして、じわじわと怖さを感じていったり・・・解決してそうでしてなかったりでモヤモヤしたりして・・・なんかとても複雑な心境になるので私にとってとても斬新なゲームでした(笑)
多分色んな意味で一生忘れないゲームだろうな・・・。


で、好きなキャラっていうのは特別このキャラに萌えたー!!っていうのが無いんだけど凄く心を突き動かされたルートはあったので好きな?印象に残ったルート順を発表したいと思います。

1:源イ織
2:神藤理智
3:狐射堂 遙
4:神藤将成/シドニー・ワトキンス

かなぁ・・・?シドさんとか結構胸キュンした良かったんだけど何か最後がバタバタしてなんかあんまり印象に残ってない・・・w
将成とかも胸キュン具合でいうと結構というか一番トキめいた方なんだけど他の方が驚きの連続だったからなー・・・。
なので印象に残った、結構全体で見ると好きなシナリオだったっていう順番になるとこうなりました\(^o^)/
ツッコミ具合とかでいっても多分この順番になると思う(笑)まったく役にたたないランキングですがwww

評判が賛否両論だったので不安だったんだけど、個人的にはなかなか楽しめたと思います!
がっちがちの攻略制限が掛かってるので自分の好きな順番で攻略出来ない、すっきり終われないのが苦手な方にはオススメ出来ないけど、私はこのシナリオ嫌いじゃないです。というか展開の仕方とかは結構好きなほうでした(笑)
あ、でもスチルの劣化具合がここぞって時に結構酷かったりするのでそこは凄い残念だったなー・・・。

結末も全体的にすっきり終われてないので是非FDとかですっきり終わらせて欲しいです。



ということで蝶々事件の感想はここらへんで終了ー!!
未プレイの人は是非内容を知らない状態で始めて欲しいからあんまり詳しい事は喋れなかったけど大体は伝わってるかな・・・?w

それではここまでお付き合いくださいましてありがとうございました!


応援のポチをよろしくお願いしますヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply

About this site
About me
乙女ゲームが大好きなとっくに成人済みのオタクです。
ここでは主に自分のプレイしたゲームなどの感想をただひたすら呟いています。
どうぞお気軽にお声がけください♪とても喜びます(*´ω`*)w

【画像について】
当ブログで使用するバナー、画像等の著作権は全て各会社様に帰属致します。