FC2ブログ

anemone

Welcome to my blog

薔薇に隠されしヴェリテ 【総評・まとめ感想/ネタバレ無し】

こんばんはー!!いつもブログにお越しくださりありがとうございますヾ(o´∀`o)ノ
そして前回の感想に拍手と応援のポチまでありがとうございました!
いつも更新の励みとなっております( ̄^ ̄)ゞ

今日はエイプリルフールということで色んな企業がエイプリルフールネタをぶっこんでくれてて1日楽しませてもらいましたw
4月は、個人的に推しキャラの一人が誕生日月なので今日から誕生日ガチャがあったんですけど見事に爆死致しまして、課金欲に頑張って抗っております・・・。
めちゃくちゃダイヤとかこの日の為に貯めてたんだけどなー本当彼だけいつも来ないんだよなー。


さて、今日は薔薇ヴェリのまとめ感想です!前々から言っていたシステム面の事とかめっちゃ喋ってます。
そして全体的にけっこうな辛口感想になっていますので苦手な方は回れ右してくださいね。

一応、まとめ感想はネタバレない様に気をつけて書いております。
結構好き勝手に感じたまま、私なりの評価をしていますので購入するかどうかの検討材料の一つとして軽い気持ちでご覧ください^^
あとかな~り長くなっておりますのでそこらへんも心してお読み下さいwww



薔薇に隠されしヴェリテ
商品詳細ページ
(タイトルクリックで公式サイト、画像クリックでamazonの商品詳細ページへ飛びます)

プレイ期間:2019/01/06~3/27

(私自身の評価で★5つ満点でいくつか評価しています。)
《総評》★★★★☆ 4
《シナリオ》★★★★★ 5
《糖度》★★★☆☆ 3
《スチル》★★★★★ 5
《機能面》★★☆☆☆ 2
《おまけ》★★★☆☆ 3
《おすすめ度》★★★☆☆ 3



総評でいうとそこまで悪くはない・・・っていう。
シナリオ自体は本当に良かったと思います。もちろん隠しルートとか各々の考え方とか納得出来ない部分もあればもやもやが残る部分もあるんだけど全体を通して見ると面白かったと言えるんですよねー。
身代わりの薬とか錬金術とか色々ファンタジーな部分もあるんだけど、実際あった史実と創作部分が上手く融合されていて私は違和感を感じずにプレイ出来たのでそこは凄いなーって思いました。

史実ありのものって、起こった出来事とか結末が違うと個人的に凄く違和感を感じてしまってそれで面白さ半減してしまうんだけど、薔薇ヴェリに関しては違和感を全く感じませんでした。
もちろん多少の違和感(でもオリジナルに対する違和感)はあったけどそれでも凄く面白かったと言える作品でした。
史実通りのEDとオリジナルのSPEDとそれぞれちゃんと違った結末があったっていうのも良かったと思います。

史実がある作品なのでどうしても内容は重く、暗いものではあるんだけど、ずーっとそんな雰囲気が続くわけじゃなくて前半パートは和やかな雰囲気でいろんなキャラが出会い、交流していき、後半パートで革命が起こり仲間たちとの対立やら別れやらがある怒涛の展開ではっきり明暗が前半後半で分かれるのでそこが凄い面白かったし一番盛り上がったところだと思います。そして最大の泣ける部分でもあります。ルイルートとか本当涙腺崩壊するんじゃないかってぐらい泣きました(笑)

イチカラム作品特有の泣き所というか・・・(笑)個人的に切ない苦しい悲しい!!っていう感情をすごく揺さぶられるところがイチカラム作品の好きなところなんですけど、今回もばっちりそういう展開があって本当におもしろくて好き・・・(*´v`)
あとこれもイチカラム作品特有だと思うんですけど、今回特にキャラの癖が強かった気がします(笑)でも私はそういう所も嫌いじゃないwww
主人公が今回すごく不憫な子だったんだけど、自分の意志がはっきりしてるようでしてなかったりして周りに流されるままだったり、言ってる事とやってる事が違ったりと結構イラっと来る部分もあったので受け入れられないって人が今回はもしかしたら居るかも知れません( ^ω^ )
でも彼女のちょっと天然な所とかかわいい部分も結構あったりして癒される部分もあったんですよー。

というか今回私は周りの人たちの反応というか態度・・・自分勝手な人が多くてちょっとなーって思う事が多かったです。プレイしていてそこが凄い気になっちゃってプレイする気分にならなかったりもした・・・(-∀-;)
リーゼ(主人公)は最初仕方が無く身代わりの薬を使う事になって、その後もマリーたちの勝手で流されるまま使い続ける事になるんだけど、大使さまとかもうちょっとリーゼに対して優しくしてあげてもよくない?!って思ったり・・・。
結構リーゼの扱いが酷いときがあって・・・・・あれは結構不憫だった・・・。

そして乙女ゲームをする上で多分皆さんが一番気になっている恋愛要素についてですが・・・。
私は過去至上多分ベスト3ぐらいに入るぐらい攻略キャラ半分以上なかなか進展しなくてやきもきさせられた気がします!!(笑)
時代背景的に仕方がないんだけど、障害や試練が多すぎるっていうのもあるけどそれにしても恋人関係になるのが遅すぎるよwww
甘さとかはどうしても控えめになってしまうので、甘さを求める時には向かない作品だけど試練などがあるほうが萌える!!って方にはいいかも(´∀`*)
個人的には床ローリングするほどの萌えポイントはなかったけど、どのルートも一応キャー!!ってなるような場面はありました(ダントンはちょっと記憶に無いけど;;)
あと結構最初に抱いてたイメージといい意味で覆されたキャラばかりなのでそこが凄く良かったです。本当プレイしてみなきゃ分からないなーって事を凄い感じさせられた作品でした。


プレイ中は結構上手く行かなくて過去ないぐらいプレイに時間が掛かってしまった薔薇ヴェリなんだけど・・・プレイ中はなかなか終わらなくてひー。゚(゚´Д`゚)゚。ってなったり辛くなったりしたんだけど終わってみたら『面白かったなぁ・・・』って感想が出てくる不思議な作品です(笑)

本当にシナリオとかキャラとか音楽・スチル、全てが割りと高評価なんだけど、個人的にシステム面が本当に辛かったです・・・。

まず画面が固まるというバグが結構発生したこと・・・。

こんな感じでうんともすんとも言わなくなることが後半特に多かった・・・。
全然学習しないので毎回セーブ忘れててかなりやり直すはめになったのでみなさまこまめにセーブすることをおすすめします・・・。

そしてこれネットで検索しても同じ現象になってる人を見つけられなかったのでもしかしたら私だけなのかもしれないけど、ルイルートをプレイしている途中で何故か既に崩御によりヴェルサイユ宮殿から追放されたデュバリー夫人がいるという現象が起こりました。

ほら左下にいらっしゃるでしょ??
えーなんでいるのー??と好奇心に負けた私はつい彼女に話しかけてしまい・・・結果画面が固まって動かなくなった(笑)
しかもセーブしてなかったもんだから私のあほー!!!!(´;ω;`)ってなってしばらくそのまま放置・・・。
あわよくば直ってたりしないかな??(*´▽`*)☆なんて期待したんだけどまぁ直るわけないよねwwww

またやり直しかー○| ̄|_って落ち込みながら再起動してみたら薔薇ヴェリにはなんとオートセーブ機能が付いていた・・・!!!+゚。*(*´∀`*)*。゚+ってことに気付いてそこから再開してみたんだけどやっぱりデュバリー夫人がいる・・・。
これはやっぱりおかしくないか??とチャートを確認してみたら何故か共通ルートに戻ってるんです!



WHY?!Σ(´Д`*)
共通ルート3章ってめっちゃ序盤・・・。
オートセーブをもう一回見てみてもそこにはやっぱりルイルートの8章になってる・・・。


もうこれはどうすることも出来なかったので結局セーブしていた6章からやり直す羽目に・・・○| ̄|_
もう既にプレイしている状態なので8章までは既読イベントでスキップ出来るようになってたんだけどそれをしていたら気付いたらまた共通ルートに戻っててまたやり直して・・・ってのを繰り返してしまったので、既読イベントのスキップをやめてプレイしてみたらなんとか先に進めましたが・・・結局ルイルート1周目に突然共通ルートへ戻っちゃう現象はなんだったんだろう・・・。

その後もルイルート何周もプレイする羽目になったんだけど(SPエンド見れなかったりスチル一枚見れなかったりで)何度やってもルイルート8章のMAP画面(大使に話しかけなきゃいけないところ)のところで既読イベントスキップ画面が共通ルート3章のものが出てきてしまう事が分かって、それをスキップするのではなくいいえにしたらそのままルイルート8章で先が進める・・・というなんとも変なバグでした・・・。(多分これ文字で書いても伝わらないんだろうな~;;)
もし同じ現象が起こる方は、既読スキップする際はちゃんとそれが個別ルートのイベントなのかも確認したほうがいいです。(画面上に何ルートかでてるので)

そしてシステム面でもう一つ。
平民ポイント・貴族ポイントの振り分け(天秤の傾き)によって起こるイベント・結末が変わってくるというラ・ジュスティスというもの!
これが本当にややこしくて大変だった!!!!しかもルートによってポイントの振り分けの塩梅が難しすぎて結果何周もする羽目になりました。
平民の二人(ダントン・ロベスピエール)は平民側へポイントを振り切ってしまっててもSPエンドも後日談もちゃんと見られたし、全イベントも回収出来たんだけど、問題は貴族側のメンバーが大変でした。

私は初回プレイをフェルゼンから始めたんだけど、回収できる限りのポイントを貴族ポイント多めにしたらSPエンドは見れたのに何故か後日談が見れず。ラファイエットを終わらせたぐらいでもう一度貴族側にポイントを増やしてやってみたら無事見ることが出来ました・・・(1周目で回収できるポイントでは少なすぎるのか??もしかして1周目向きのキャラじゃないの??)
そしてラファイエットはフェルゼンの失敗があったので貴族ポイントを多めにすると後日談がみれず・・・。次に平民ポイントも多めにして少し貴族側に傾くようにしたら無事後日談が見れたんだけどイベントが1つ回収出来なかったんです。
どうも平民ポイントを多めにしないと見られないイベントっぽくてやりなおしたら無事見ることは出来たけど・・・もしかしたらラファイエットも2周プレイが必要なのかな・・・?
そして一番大変だったのが陛下!
貴族側の人だしちょっと貴族側に傾くぐらいでポイントを振り分けてプレイしてみたら、SPエンドが途中までしか見れなくて、ルイが助かってこれからってところで終わって『?!』ってなり・・・確認してみたらやっぱり後日談が見れない・・・(やっぱり貴族側に傾きすぎてたのが問題っぽい)。
貴族全員ことごとく失敗したので、そのあと攻略サイトさんを頼ったんですが、陛下も貴族ポイントを平民ポイントよりちょっと多めにしたら後日談解放されるってなってたのでもう一度やってみたらSPエンドは見られたけど途中スチルが1枚抜け落ちているが為に後日談が見られないという・・・。
もうここらへんから無心でやり直しまくって、でも結局スチルが埋まらなくてツイッターで色んな方に泣き付いて(笑)
どうも陛下は平民ポイントが少し多めじゃないとダメだと分かりやりなおしたら無事スチルを回収できました(´;ω;`)

多分このラ・ジュスティスというシステムに一番振り回されたプレイヤーは私だと思う(笑)
ってぐらいこのシステムは私には合いませんでした・・・。
多分周回プレイは遙か並にやってると思うwww

イチカラム作品といえばクエストですが、今回クエスト自体は全然難しくないしめんどくさくありませんでした。
MAP画面であっちへ行ったりこっちへ行ったりはめんどくさかったけど・・・(´・_・`;)
だから私みたいにラ・ジュスティスに振り回されなければ結構順調にプレイ出来るはず・・・なんだけど結構皆様失敗されてるっぽくてやっぱりちょっと難しいのかも。


切なくて重くてボリュームが膨大なのでプレイ時間は結構掛かると思うんですが、シナリオは本当に良いので心に余裕のある時には是非一度プレイしてみてほしいな~とは思います。
ただ自分が凄く苦労したので簡単に気軽にオススメ出来ないんだけど・・・w_(:□ 」∠)_


さてそれでは最後に好きなキャラランキングとシナリオランキングで締めたいと思います。

好きなキャラランキング

1:フェルゼン
2:ルイ
3:ラファイエット
4:ロベスピエール
5:ダントン
6:隠しキャラ

庶民の私はやっぱり気品溢れる貴族の方に憧れちゃうんだろうな・・・。
ルイは最初興味なかったのにやっぱり革命起こったぐらいから急激に変わったところが大きいなぁ・・・。
でもそれ以上にやっぱりフェルゼンが最後まで信念を曲げなかった事とルイの事を最後まで手助けしてくれるところに惚れた・・・。
女性慣れしてるのに地元ではもてないってところもまたおもしrカワイイなーってww
ラファイエットは恋愛ベタっぽい印象だったのにぐいぐいくるところが良かった!リーゼに関しては一途だったのでそこも良かったです。
ロベピは信念を貫くところとビシーッと言っちゃう所が結構好きでした。分かりにくい優しさだったり素直じゃないところも可愛かったんだけど個人的にはもうちょっとデレた姿を見たかったです。
ダントンは明るくておおらかな所とか本当に大好きなんだけど、結局何がしたかったのか・・・っていうのがあっていまいち好きに慣れなかったな・・・。見た目とか凄い好きなのに・・・。
隠しキャラはスチルとか美麗でミステリアスっぽいところはいいんだけど・・・ちょっと恋愛とは違ったかなって感じ。

好きなシナリオランキング

1:ラファイエット
2:ルイ
3:フェルゼン
4:隠しの人
5:ロベスピエール
6:ダントン

ラファイエットは恋愛面で唯一凄く盛り上がったルートだったので凄いときめけたし面白かったです。そして何よりフェルゼンとのやり取りが最高に楽しかった。
ルイとフェルゼンが本当僅差なんだけどより泣いた方を上位にしましたwww
フェルゼンルートはめちゃめちゃ笑ったし、最後のリーゼが・・・って所は泣いたし・・・最後まで引き込まれる内容だったんだけど、やっぱり盛り上がりでいうとルイの方がね・・・。
隠しの人リーゼとの恋愛っていうよりあるキャラのルートって感じだったんだけどそのキャラが本当好きだったので個人的には結構良かった。
そして平民の2人は・・・やっぱり貴族側で進むシナリオの方が好きなのでどうしてもこうなっちゃう・・・。


めちゃめちゃプレイに苦しんだ作品だったけど、終わってみたら感想がこんなに長くなっちゃうぐらいめちゃめちゃ濃い作品だった。
しばらくもう一回プレイするのはご勘弁だけど(笑)本当に本当に面白かった。

システム面が改善されて移植されたら多分買うと思う。
出来ればチャートからプレイ出来るようにしてくれると本当助かります・・・。

以上、薔薇に隠されしヴェリテのまとめでした。
ここまでお付き合い下さった方はありがとうございました~!!


応援のポチをよろしくお願いしますヾ(o´∀`o)ノ

にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
About me
乙女ゲームが大好きなとっくに成人済みのオタクです。
ここでは主に自分のプレイしたゲームなどの感想をただひたすら呟いています。
どうぞお気軽にお声がけください♪とても喜びます(*´ω`*)w

【画像について】
当ブログで使用するバナー、画像等の著作権は全て各会社様に帰属致します。