anemone

Welcome to my blog

CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ ExTime【キャラ別感想/海棠鷹斗】

こんばんは〜!!ヾ(o´∀`o)ノいつもブログにお越し下さりありがとうございます!
そして前回の雑談に拍手、応援のポチもありがとうございます!!

前回の更新からちょっと間が空いてしまってすみません(´∀`*;)ゞ
長かったCZが終わり、アッポリも始めているんですが、こちらの進みも遅くのんびりプレイ中です(笑)
そして最後のルートは、やっぱり要となるルートだった為に色々と自分自身理解力がなさすぎてあまり理解出来ない部分もあって感想書くのに凄い気力がいった・・・ww

そんな訳でかなり遅くなってしまったけれど、CZのキャラ別感想ラストいきたいと思います~。
今回もガッツリとネタバレありで喋っておりますので、未プレイの方はこの先は読まれないようにご注意ください~!!



感想は折り畳んでおきます。
気になる方のみ追記からどうぞ!




いつも応援のポチをありがとうございます♪

にほんブログ村
ちょっと下げます!













































キャラ別感想ラストは海棠 鷹斗です。

 
海棠 鷹斗 / 神賀 旭(CV:浪川 大輔)

彼まで来るのが本当に長かった!!
PSPでプレイしていた時は、彼の思考が理解出来なくて結局途中でプレイをやめてしまっていて、若干今回も大丈夫かな~って思ってたんですが・・・・・当時の私に聞きたい。どこが駄目で、合わないと感じたのかを・・・(笑)

今回はプレイする順番間違えないぞー!って調べに調べてプレイしたお陰で、ここまでプレイ出来たわけなんですが・・・円ルートの鷹斗(キング)が怖すぎて(笑)あぁ鷹斗のこういう部分が当時怖かったんだな~って思ってたんですよ。
でもあれから結構いろんな乙女ゲームをプレイして免疫が付いたお陰で(?)鷹斗のこういう部分も楽しみになってきていて、鷹斗ルートはどれだけヤバイ奴になってるんだ~(^ω^ ≡ ^ω^)ワクワク♪って楽しみにしていたんですが、本人のルートだからかそこまでヤバイ状態の鷹斗が居なくて若干残念でした(´∀`;)笑

というのも他のルートでは小学生時代の鷹斗とそこまで交流があるわけではないので、何故撫子にあそこまで執着するのか分からない部分があってそういったちぐはぐさが恐怖を倍増させた感じがするんですよね。
鷹斗ルートでは、鷹斗が撫子のどういったところに惹かれていったのか、鷹斗がどういう少年なのか、どうしてそういう経緯になったのかっていうのがきちんと描かれていたので、天才の思考は凡人の私からすると理解出来ない部分もあったんだけど(笑)キングが誕生した気持ちもまぁ理解出来たので、他のルートで考え方の違いに底知れぬ恐怖を抱いたけれど、鷹斗ルートではあまり怖さは感じませんでした。

撫子を失いたくない一心からあんな世界を作り出してしまって、撫子が危険に晒されない為に周りの人たちを管理するっていうその点に関しては決して許される行為ではないけど、鷹斗ルートではどうしてそういう考え方に至ったのかが描かれていたので気持ちは分からなくもないんですよ。
ただ単純に撫子を愛していただけなんですよね・・・。
あ、愛といえば、小学生の鷹斗は可愛くて!!言ってくれる言葉とか凄くキュンキュンするものがあったんですけど、大人になった鷹斗はなんか白々しく感じたのは何故なんだろう!(笑)
すっごくぐいぐいくるし、ドキドキするような台詞なのでいつもならヽ(*>□<*)ノキャ━━ァ♪とかワー(*`ω´*)!!!ってなってるはずなのに今回だけは何も感じなかったwwwww
しかも、すっごいぐいぐい来てキスを迫ったりしていて大人になった鷹斗まじパネェって思っていたのに、一緒に寝ようって言った時は急に思考が小学生に戻って私ちょっと混乱したよ(^∇^;)
というか情緒不安定すぎて鷹斗大丈夫かな?って心配になった・・・;;


とまぁこんな感じで撫子は鷹斗に散々振り回されても、どうしてこんな世界になったのか色々分からない部分は自分で動いて調べるっていう撫子が本当勇ましかった・・・。本当尊敬に値するヒロインだよ・・・。
そしてここからレインが黒幕だったって事が判明して、小学生の時を止める前に言っていた台詞はそういうことか・・・とかいろんなものが一気に繋がって鳥肌が立ちました。
色々とそうなんだろうなって想像は出来るししていたんだけど、やっぱりはっきりした瞬間ってぞわっと来るものなんですね・・・!(゚∀゚;)w
レインの思考もこの時点では私には理解が出来なくて、うーん??って感じだったんだけど、これまたレインエンドとかおまけを読むことによってすべてが繋がる瞬間が凄く面白かったです。


レインの裏切りに気付いていたキングは「政府解体」を宣言するんだけど、その時に円やセカンドたちが言った台詞が小学生時代に鷹斗が撫子を好きになるキッカケになった台詞とリンクしていて小学生時代のひとつひとつのやり取りがとても大事で、活かされていて良かったなと感じましたし、小学生時代の鷹斗が撫子やCZのメンバーに救われたようにこの時代の鷹斗も救われたんじゃないかなって思ってこのシーンは凄く感動しました。
鷹斗がこれまで行ってきたことはけして許されることではないけど、正しい部分もあったし・・・ただ一人悪役になるのはやっぱり可哀想だと思うもん・・・。

ここからが一気にどどどっと進んでいって展開がかなり早かったけど、やっぱり帰還ルートがよかったかなー!!!
壊れた世界の鷹斗がどうなってしまうのか考えるとやっぱり悲しいし怖いけど、最後に本音が聞けて別れのシーンはちょっとホロリときました。
世界を壊したくなかったけれど撫子がいない世界なんていらないっていう台詞には小さい頃から人間らしくないと思い続けて来た鷹斗が唯一、怒りという人間らしい感情を抱き、それを神様に向けるということとそういう考えに至ったっていうのがレイン含めて人間らしくないと言われていた彼ららしい選択でもあったので、この台詞全てにこの作品のすべてが詰まっているなと思いました。

自分自身、理解力が乏しくてもやもやする部分や理解出来てない部分も多かったんですが、面白かったです。
どの選択があってて間違っているっていうのは本当人それぞれだなぁ・・・って思った。
なので、過去も大切だけど今どう感じてどう行動するかが大切だなって凄く感じました。

凄く作りこまれたゲームで、本当に色んな事を考えさせられながらプレイしました・・・。疲れたけれど、名作だって言われるのは良く分かる・・・!面白かった・・・!これは本当小学生時代に疲れてやめちゃうのは勿体無いです!
私もプレイし直して良かったって思ったもん!!(笑)

撫子の「私が好きなことをしていて、それが誰かをちょっと幸せにしてあげることになるなら、いいなと思うの」っていう台詞が凄い印象的で、凄く好きな言葉になりましたー。
そしてこんな素敵な事を思える女の子でありたかったな私も・・・(-∀-;)いや!今からでも遅くない!!!!www


凄いボリュームだったっていうのもあるけど、終わった後の達成感が凄かったです\(^o^)/
ルークの事とか、全てを読んでスッキリした部分が多かったんだけど、自分の理解が足りなかったのか最後だだだーっと必死にプレイしすぎて見逃しているだけなのか分からないんだけど、若干のモヤモヤが残ってしまったのが本当残念です。
出来ることなら、スッキリ終わらせて頂きたかった・・・。

最後に他のルートでなかった大人の撫子が目を覚まして終わるのは、壊れた世界の鷹斗のことを思うと良かったねェェェェ。゚(゚´Д`゚)゚。って嬉しく感じたんだけどどうせならあの世界の二人も見たかったです・・・。あの後どうなったのか知りたい・・・。
あとカエルくんの事があやふや~で、ここももうちょっとちゃんと見せて!!!って思ったんですが私だけ・・・?



最後に若干気になる部分も残っちゃったけど、再プレイして正解でした!ヽ(´∀`)ノ
昔プレイして苦手だなーって感じたものも改めてプレイしたら感じ方が全然違ったので面白かったー!!
ということは他のゲームもそうなのかな・・・?いくつかそういうゲームがあるのでいつかやり直したいかも・・・。



それではここまでお付き合いくださいましてありがとうございました!
ではでは~(⌒∇⌒)ノ



※「CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ ExTime」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。



いつも応援のポチをありがとうございます(⌒-⌒)

にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
About me
乙女ゲームが大好きなとっくに成人済みのオタクです。
ここでは主に自分のプレイしたゲームなどの感想をただひたすら呟いています。
どうぞお気軽にお声がけください♪とても喜びます(*´ω`*)w

【画像について】
当ブログで使用するバナー、画像等の著作権は全て各会社様に帰属致します。