anemone

Welcome to my blog

天涯ニ舞ウ、粋ナ花 キャラ別感想(幸介&裕介)

こんばんは~(^-^)/いつもブログにお越しくださりありがとうございます!
まずは前回の感想にコメント、拍手、応援のポチまで本当にありがとうございました!

ちょっとお久しぶりになってしまったんですが、みなさまGWは楽しく過ごせましたか~??
あっという間でしたね!(笑)ゲーム三昧なGWにしようかなーって思っていたんですがほぼ外出していましたw
でも天涯あと2人ってところまで進みましたよー!!今週中には終わるかな?

昨日の休み明けはやはりやる事盛りだくさんで、疲れ切って早々に寝てしまいました\(^o^)/
天涯の感想書くぞー!!!って思っていたのに・・・w
ってことで早速、天涯のキャラ別感想をざっくりと簡単に喋りたいと思います!
ネタバレを含んだ内容となりますので未プレイの方はこの先ご注意ください!


















弥島幸介(CV:平川大輔)

一番気になっていた長男から順番にプレイしていくことにしたので、1周目は長男をプレイしました!
親が勝手に決めたけど一応許婚っていう関係だったので、色々甘い展開とか美味しい展開を楽しみにしていたんですが・・・本当色々とめんどくさい男で、期待していた展開はありませんでした(笑)
もっと甘い雰囲気になるかなー?って思っていたんですけど、長男の性格がめんどくさい性格なので(笑)甘い展開というよりもドタバタしてたなー・・・。
まず長男は結婚に興味のない仕事に恋してるんじゃないかって感じの人なので、一番りつに手厳しい。
りつもすぐに逃げちゃう子どもっぽい子だったので常に怒られていたなー(゚∀゚;)イライラする気持ちも分かるんだけどちょっと幸介もすぐにキレすぎじゃないか??と思うほどでしたw
だからりつとの恋愛過程よりもどちらかといえば幸介が『割烹店 弥島』にどう向き合っていくのかっていう部分がメインでそっちの印象の方が強い・・・。
恋愛過程は二人の関係がちょっと進んだかなーと思いきや、元に戻ったりとなかなか進まないのですっごいもどかしいんですよ!(`o´)じ、じれったーい!!

幸介自身、女性慣れしているんだけどもりつに対してはどこか子どもっぽい部分があって、りつも幸介もなかなか素直になれずにぶつかってばかりで・・・(´∀`*;)ゞ
でもなんだかんだ文句をいいながらもりつを気にしている幸介にはキュンキュンしました。店の前でりつを慰めるスチルにはキュンとしたよー!!!(/∀\*)
二人の恋愛過程に関しては悶々とする事の方が多いんだけど、幸介の素直になれない中でのふとした部分にドキッとする場面もあったり子どもっぽいかわいい部分もあったり・・・彼自身が結構イメージとは違った性格だったのでそこは面白かったかな!
でもねでもね!本当怒りっぽくて、いい雰囲気だなーと思ったらちょっとりつが幸介の過去の女関係が気になって質問しただけで凄い激怒したシーンは『え?!』ってかなり困惑した・・・。いきなり切れるからびっくりだわ!!w
ふたりのやりとりは面白い部分も沢山あったんですけどね・・・。

あと後半の不穏な展開には凄いどきどきしたー!!!これまでりつのすぐに逃げ出しちゃう性格にはイラッとさせられる事が多かったけど、そんな彼女の成長を見られたのは良かったなと思いました。
幸介の為に、自分の想いを犠牲にしてまで動いたりつはかっこよかったです。最初からは想像出来ない行動力で・・・凄く成長したなぁ・・・とちょっと感動。
期待していた甘い展開はあまりなかったけど、二人の成長がうまく描かれていたルートでした。
ラスト幸せそうだったけど、幸介さんなかなか素直にならないからこれからりつは大変だろうなぁ・・・ww





弥島裕介(CV:間島淳司)

見た目と性格のギャップにやられてしまった次男・・・(*´_ゝ`)
彼も仕事人間なんですけど、かなりの乙女思考というか恋愛脳で、無自覚に色々やらかすので(笑)見ていてとても面白かったです。
凄いモテるらしいし、それなりに女の人と遊んでいたっぽいのに実はそうでもない上に、昔に次郎さんと決めた『本気の女にしか接吻しない』っていう約束を律儀に守っていて、事故でりつとしてしまった事にりつ以上に落ち込んでいた裕介を見て本当に可愛くてしかたがなかった!あんな強面なのに!(笑)
しかしりつも裕介も自分の気持ちになかなか気付かないし、色々と鈍いので二人の関係はのろのろとしか進まないんですけど、思考や行動がいちいち面白かったし、幸介があまり甘い雰囲気にならなかったのもあってこちらは凄く楽しめました。
ツッコミどころがいっぱいあって面白かった!!!
(´∀`*)あと今回次郎さんという素敵なサブキャラのお陰で、修羅場的な展開もあってドキドキしたし、いろいろ二人の関係に大きく活躍してくれたのも良かったですね!
イチカラムさんの作品って素敵なサブキャラが多いから楽しいですよね(*^_^*)

店には興味がない、仕事上結婚出来ないって言い張ってた裕介が、りつとずっと一緒に居るための道を一緒に探っていくところがこのルートの良かったところですね。なんとかしようと頑張る二人をみていただけに最後の展開は切なかったー。でもそこからのED後の裕介が迎えに来るシーンは良かったですね!(*゚ェ゚*)
あと裕介のりつを大事にするあまり突き放しちゃうシーンとかも、どちらも見ていて胸が痛かったんだけどあそこの流れは最高でした!(ノ´▽`*)b☆

裕介は鈍感で、りつを振り回している感があったけど結構行動派だったのでぐいっと引っ張っていってくれる男らしい面もあって・・・そこもまた良かったですね。
もっと恋愛的な事に興味のない人だと思っていただけに、あの性格は本当に意外すぎて面白かったです!(´∀`σ)σ
次男ポジションっていいキャラ多い気がするなぁwwww
アメリカ式に染まっていった裕介なんて意外すぎて好きですほんと(^∇^)いい夫婦になりそうw
あと裕介ルートはちょっとりつの実家に帰らせていただきます率が高すぎるなぁと思いました(笑)
そういったところも含めて色々つっこみどころもあって思ってた以上に面白いルートでした。



長男、次男の感想は以上です!

しかしなんだろう・・・天涯面白いんですけど、ラストがあっさりしすぎているというか・・・中盤が凄い盛り上がっていく展開なだけに尻つぼみというか中途半端に感じてしまうんですよね・・・。淡々とした終わり方っていうのかな?
今の時点で四男までプレイし終わっているんですけど、どのルートもそう感じてしまうんですよ・・・。
ED曲の入り方とか、ED後に更に展開するっていうのは面白くていい感じなんだけど・・・。

あとどのルートもストーリーの流れ、展開がほぼ同じで、金太郎飴状態ではないんだけどもうちょっとそれぞれ変化があれば良かったなーと思いました・・・。
真相?がうやむやではっきりしないからこういう風に感じるのかは分からないんだけどなんかちょっともやもやが残るんですよねー・・・。すっきりしない!
華ヤカはもうちょっと各ルート違いがあった気がするんですよね・・・(記憶があやふやではあるけど・・・)
終わり方ももっとすっきりしてたし・・・。
比べちゃいけないんだけど、なんか勿体無いな~と思うんですよね・・・。
こう感じるのって私だけなのかなー・・・(^∇^;)

とりあえずあと俊介と隠しが残っているので一気に終わらせたいと思います!!



それではここまでお付き合いくださいましてありがとうございました~!!
ではではヽ(´∀`)ノ




いつも応援のポチをありがとうございます(っ*^ ∇^*c)

にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments 2

せーちゃん  

自分も 攻略順は違うけど
次男と長男攻略終わりました。

今回のこの天涯・・・ 面白いんだけど・・・・って感じですよね。
どうしても華ヤカと比べちゃうし、比べちゃうとどうしても。。。
っていうのがあります。

でも。次男ルート良かった~~
超面白かったーーー。
恋愛してこなかったわけじゃないけど、自分の気持ちに気づけないとか
ホント、初心な感じが良かったです。www
息ができない・・・ 苦しぃ~~・・・ってwwww
ウメさんの前で 本当に何言ってんだって思っちゃいましたよ。
爆笑したけど。w

2018/05/09 (Wed) 11:21 | EDIT | REPLY |   
take  
≫せーちゃんさん

長男次男終わられましたかー!
そうなんですよ・・・面白いんだけどそこまでのめり込む程でもなくて。
なんだかんだとイチカラム作品ってハマル作品ばかりだったのでちょっと残念です。
いや、これはこれで面白いんですけどやっぱり華ヤカと比べちゃって駄目ですねw

あと長男が期待していたんですけど、それほどでもなくて残念だったんですが次男!
次男は面白かったですね~!!
あんな強面なのに完全に乙女脳で、しかも初心っていうギャップにやられましたw
胸が苦しくて倒れちゃうほどって凄いですよねwめちゃくちゃ笑わせてもらいましたけど(笑)

三男も負けず劣らずいいキャラなので是非!
感想楽しみにしていますw

2018/05/09 (Wed) 16:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
About me
乙女ゲームが大好きなとっくに成人済みのオタクです。
ここでは主に自分のプレイしたゲームなどの感想をただひたすら呟いています。
どうぞお気軽にお声がけください♪とても喜びます(*´ω`*)w

【画像について】
当ブログで使用するバナー、画像等の著作権は全て各会社様に帰属致します。