FC2ブログ

anemone

Welcome to my blog

あやかしごはん~おおもりっ!~ 芹ケ野 真夏 感想

こんばんは!!いつもブログにお越しくださりありがとうございます!!
そして昨日の感想に拍手と応援のポチまで本当にありがとうございました!

今日からあやかし編、そして私が一番気になっていたキャラ、真夏さんの感想なんですが、その前に少しあやかし編の凛ちゃんのお話から・・・。
2周目からはプレイ時に人間編か少女時代編かあやかし編かを選べるんですね。
で、最初のプレイ時に攻略サイトを見ずに選択していったらあやかし編に突入したので一度見てるっちゃ見てるんですが、やっぱり素直な小さな凛ちゃんと喜ぶ吟さんをもう一度見たかったので、また少女時代からやり直したんですよ。

そしてまた泣く(3回目)

何度見てても泣いてしまう(笑)
吟さんと喧嘩というかギスギスしちゃった後、あやかし編の凛ちゃんは素直なので、お別れ前に仲直りするんですよね。
吟さんうれし泣き、さびし泣きする度に私も一緒に泣いてしまいました\(^o^)/
心温まるシーンは涙もろくて駄目だーwww
そしてそのまま素直な女の子に成長するので、あやかし編の凛はとても明るくて素直なヒロインらしい子で人間編の凛とはえらい違いでその差にびっくりです(笑)
人間編の凛も最後は可愛くて仕方がなかったけどこっちの凛も元気で、自分で道を切り開くタイプの女の子だったので好感が持てました(* ´ ▽ ` *)
詠に冷たくあしらわれても気にせずぶつかって行く姿が可愛かったwなにより吟さんがニコニコしているのがとても良かった!!!



それでは凛の感想はこれぐらいにして、真夏の感想に行きたいと思います。
ちょっとまだ真相が分からなくて混乱しているのでいつも以上に上手く喋れないかもしれませんがよろしければお付き合いください。
ネタバレを含んだ内容となっていますので未プレイの方はこれより先はお気をつけ下さい。






























芹ケ野 真夏(CV:興津和幸)

イケメンだし、声は興津さんだしで一番気になっていた真夏さん。第一印象も優しげで爽やかないいお兄さんって感じなんだけど声が興津さんだし何か裏がありそう・・・とかなりの偏見で(笑)思っていたんですよねー。
人間編ではあまり絡みがなかったので、掴みきれていなかったんですが・・・まさかのドジッ子(笑)
スクーターの運転がへたくそで良く転ぶっていうのは人間編でも吟さんから情報を得ていましたが、実際あやかし編ではそんなに転んでて大丈夫ってぐらい転ぶし激突してるし・・・www
実は『わあー!!』ってちょっと棒読みな興津さんの言い方が凄い好きで転ぶのを期待している自分が居た(笑)
あと、甥の綴に溺愛していて常にデレデレなんだけどあまりにも酷い時に綴に『まーくんこわい』って言われている時は爆笑しました。゚(゚^∀^゚)σ。゚
そういう可愛い面もあって個人的にかなり好みなキャラでした。

ずっと凛をどこか知っている雰囲気があって、凛との間に何かあるんじゃないかっていうのを匂わせながら進んでいくので気になってしかたがないんです!!
一緒に過ごせば過ごすほど深まっていく謎・・・。そして真実。まさか・・・まさか・・・!とちょっとずつ真夏の過去が明らかになっていく展開はとても面白かったです。

恋愛過程に関しては、凛の気持ちの変化が急だったなーとは感じたんですが、真夏の過去が上手く絡んでいて展開がとても良かったです。でもまさかあんなにヘタレだとは思わなかったよー!!!(笑)

二人の距離が近づく前に一度真夏はずっと昔に好きになった人が居て、今も好きだから今後結婚するつもりもないし、好きな人に想いを告げたりすることもなくずっと見守る事に決めたってなことを凛に言うんですけどその時の真夏の凛へのまなざしが意味深すぎてもうこの時点でちょっとまさか・・・って思いますよねwww
でもそう宣言した割には、手を握ってきたり膝枕をねだったりと思わせぶりな言動をして自ら距離を近づけてるんですよね・・・!

そんな真夏の思わせぶりな態度もあって、ちょっとずつ凛は惹かれていって恋心に気付くんだけどそこで真夏、やんわり拒絶するんですよー!!!!!チョコをあげるって話になった時に、恥ずかしさもあって義理ですって言っちゃう凛に対して、真夏は義理チョコだったら受取れるってほっとしたように言うんですよ!本命だったら受取れないってことですよ!!!Σ(´Д`lll)エエ!!
この時、真夏このやろー!!って思いました(*`へ´*)これは凛ちゃん可哀想すぎる。
この後に本命チョコだから真夏さんに渡せないって思い悩む凛ちゃん見てたらすごい悲しかった・・・。
でもその後凛ちゃんがまっすぐに想いを伝えたこともあって二人は結ばれる事になったんだけど、その事でまた悲しい展開になっちゃうんですよね・・・。

ここで真夏の過去、真実?がはっきりするんですよ。
千年前の真夏、藤原真夏という陰陽師が凛と出会ってお互い惹かれあうんだけど、凛の事を帝が気に入ってしまって凛は帝の元へ嫁ぐことになってしまったんですよね。
しかし、その事で凛は呪いの病に掛かってしまい真夏の元へ戻ってきても体調が良くなることもなく亡くなってしまう・・・。
自分が何もかも捨てきれずに凛を手放してしまったこと、陰陽師なのに呪いを解くことが出来ずに死なせてしまったことを悔いた真夏は入水自殺をしちゃうんだけど、その後悔の念、真夏が自分自身を呪ったことによってバクというあやかしが生まれてしまう。
その後、真夏と凛は転生する度出会って恋に落ちるんだけど、想いが通じ合う度に真夏の後悔の念によって生み出されたバクの呪いでどちらかが死んでしまいその繰り返し・・・。

何度生まれ変わっても変わることのない運命と真夏はそれまでの記憶が存在するっていうのは可哀想・・・!って思ったけど、結論はこの運命に嘆き哀しみながらも立ち向かってこなかったヘタレな真夏が原因なんですよ・・・!!!\(^o^)/
輪廻転生というなんともロマンチックな設定なのにヘタレ具合がとても目立っておりましたwww
真夏の一途さにはとてもキュンとしたんだけど、もうちょっとお兄さん頑張ろうwwwって思いましたよね( ^ω^ )
最初から最後まで凛がとてもかっこよかった!!

でもすっごいヘタレで駄目駄目な奴なんだけど、やっぱり真夏嫌いになれないんですよねー。
このヘタレさもなんか可愛く見えてきちゃうのは何なんでしょう?!
絶対普段だったら好きにならないタイプなんだけどなー・・・(゚∀゚;)


あと、吟さんとの出会いがまさか千年前だとは思わなかったですよね!
そして、凛の少女時代に吟が凛のためにくーたんの目につけてくれた石もそんなところに繋がっていたのかー!!!とかなり鳥肌が立ちました・・・。
吟さんが小狐からあやかしになったのってこれがきっかけなのかな・・・。
真相にむけてちょっとずつ明らかになっていて、こうやって色んな伏線が散りばめられているのって本当面白いですね・・・!


EDはベストEDが全然ベストじゃなくて、めっちゃ混乱した・・・。
めっちゃ混乱したけど、浅葱をクリアするまでどのルートもベストEDにならないっていうのは面白いですねーo(^▽^)o
真相がすごく気になる終わり方になっていましたよ・・・。



全然スッキリする終わり方じゃなくて色々モヤモヤするルートだったんですが、設定と展開はとても良かったです。
ただ色々ツッコミどころは満載でしたね。言ってる(思ってる)ことと行動は違うしあまりのヘタレ具合にはつっこまずにはいられなかった(笑)
真夏のことも第一印象とだいぶ変わったんだけど、やっぱり可愛くて好きと思ってしまう不思議なキャラでした。


以上真夏の感想は以上です!
これ全部終わって、改めてベストED見たらまた感想変わってるのかな~って凄いワクワクする!





それではここまでお付き合いくださいましてありがとうございました!
ではではー♪(o・ω・)ノ))






いつも応援のポチをありがとうございます(。>ω<。)ノ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments 2

せーちゃん  

アハハ。ここでもヘタレって言われてる。www
確かに、真夏の場合 ズルい大人って言うよりも
ヘタレ感が強いですよね。
意味ありげに自分からは距離を近づけるくせに
見守るだけとか、ほんと 何なんだよお前―って思いましたw
実際、他のルートに進んでしまった場合は
ずっと真夏は見守ってるだけなんでしょうね。
若干不憫ですね。

2018/04/26 (Thu) 08:51 | EDIT | REPLY |   
take  
≫せーちゃんさん

真夏のこと最初は天然で可愛らしい部分もあってちょっとズルイ大人なのかなーって思ってたんですけど、フタをあけて見たらただのヘタレだった\(^o^)/
本当になんだよーって感じの態度でもっと頑張れよー!!って思ったんですけど何故か母性本能をくすぐられるというか気になっちゃうんですよね・・・(笑)
真夏ルート終わってから他のルートの真夏見ていると凄い辛いです・・・。

2018/04/26 (Thu) 10:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
About me
乙女ゲームが大好きなとっくに成人済みのオタクです。
ここでは主に自分のプレイしたゲームなどの感想をただひたすら呟いています。
どうぞお気軽にお声がけください♪とても喜びます(*´ω`*)w

【画像について】
当ブログで使用するバナー、画像等の著作権は全て各会社様に帰属致します。