FC2ブログ

anemone

Welcome to my blog

ラッキードッグ1 +badegg プレイ感想2(デイバン編)

こんばんは~(^∇^)ノ
いつもブログにお越しくださり、前回の感想にコメント、拍手、応援のポチまで本当にありがとうございます<(_ _*)>
そしてツイッターの方でもいいねを押してくださる方もいて、本当にありがとうございます!
毎度更新の励みとなっておりますですよ(*´∀`人 ♪

今日はダイナーのベスト発売日~♪

ばっちりゲットしてきましたよ!!ヾ(●⌒∇⌒●)ノ
メッセージカードはBishopでした( ´∀`)

ベストなのに意外と安かったな~と思ったら10曲しか(正確には8曲)入ってないんですね!
全曲収録された本当のベスト版はいつか発売していただけないものだろうか・・・。
ほぼ持ってるんだけどね・・・w


さて、本日はラッキードッグ1+badeggの感想です。
とうとう終わってしまいました・・・(´;ω;`)寂しい・・・寂しいよ・・・。
本編の方も本当に面白かったですし、まさかあんなにバクシーにしてやられるとは思ってなかった(笑)
そしてafterはラキド1の後日談だったんですが、ただ甘いだけではなくて恋人関係になったからこその悩みや切なさ、そして更なる困難によるハラハラ感がぎゅっと詰まっていて本当に面白かった・・・!

とにかくもう最高ー!!!ってその一言に尽きるんだけど、まずは前回の続き、本編のデイバン編をプレイして感じた事、感想をうまくまとめられないだろうけど喋らせていただきます(*⌒∇⌒*)
でもたぶん伝えたいけど上手い言葉が見つからなくて本当とっちらかったまとまってない感想になってると思うのでそれでもよろしければ是非お付き合いくださいませ(;^ω^A




こっからのボリュームがさらに凄かったー!!!
GDとなったジャンがバクシーとともにデイバンへカチコミに行く事になるんだけど、デイバンへ行ってみたら街は荒れ放題で以前のデイバンとは全く違った雰囲気になってたんですね・・・。
鳴りを潜めてしまったCR:5を誘き出すためにも、デイバンに巣食ったマフィアやギャング全てをお掃除することになるんだけど・・・ここからのジャンが本当にかっこよくて仕方が無かった!
CR:5の時もカッコいいときはあったけどまた違ったジャンって感じでカリスマ性を発揮していて、DGを結成する時や仲間たちに演説?語りかける時は圧倒されたし、心酔するほどのかっこよさがありました。
なのにジャンの根元は変わってないのでやっぱりジャンはジャンなんだぁ・・・って感じる部分もあるのでそこのバランスがとても良かったです。ぞくぞくっとするようなかっこよさもあれば癒される部分もあるといいますか・・・(笑)

で、そんなカッコいいジャンさんに惚れこんだ4人(ヴァルター、リッカルド、テシカガ、ランドルフォ)が加わりDG団を結成する事になるんだけどこの4人がまた素敵なんですよね!しかもCR:5の幹部たちの元で働いていたという設定があってCR:5と無関係じゃないっていうところがまた面白い。しかもその者たちがCR:5に居た時には出来なかった事をするようになり隠された手腕を発揮していくっていうところも面白くって!!!CR:5の幹部、元上司たちを嫌いになった訳ではないので尊敬していながらも負けない!って奮闘していく姿が素敵だったな・・・。ジャンとバクシーたちによって有能な部下たちになっていくのがなんか凄くジーンと来るものがありました。あと幹部たちと出会うシーンもまた良かった。
ここでイヴァンが本当に部下達を大切にしていたんだなーって事が改めて感じることが出来たしね^^

あと結成するまでの流れも最高に面白かったな~!
この4人が仲間になって最初に皆でごはんを食べるシーンがあるんだけど、ここにくるまでは『ジャンかっこいい~!!!やっぱ今までのジャンとはちょっと違う感じなのかな』って思ってたんだけど、ここのシーンのジャンは前と全然変わらないジャンの優しさがあってなんか凄くグッときたんですよ・・・あーやっぱりこんな状況になってもジャンはジャンだなぁ・・・って(;_;)

常にどこかの組織と戦っているDG団なので、荒事ばかりでハラハラするような展開が多かったんだけど、合間合間に入るほのぼのシーンが本当に大好きでした。
テシカガが作るカレーに夢中になっちゃうジャンを見てバクシーが、折角俺の味を覚えさせたのに・・・みたいな事を言ったときは床ローリングしました・・・!ヾ(*´Q`*)ノ イヤァーーン♪なにこのバクシーめっちゃかわいい!!!
こんな感じでちょいちょい可愛いバクシーが出てくるのでそのたび胸キュンする私・・・(//>ω<)
前作プレイしていた頃の私はこんな風になるなんて想像もしてなかったな・・・(笑)
ロックウェル編の最後の方からもうバクシーはジャンに夢中になっていたんだけど、デイバン編のバクジャンは唯一無二の存在って感じになって行く過程が本当に良かったです。
でもデイバン編ってどちらかというと荒事がメインで、仲間たちと戦っていく場面が多くて、前作みたいに攻略対象キャラとの間に障害が起こって乗り越えていく過程で愛を深める・・・のとはちょっと違っていて、バクシーとジャンとの間に大きな何かがあって仲が深まった訳ではなくて、少しずつちょっとしたシーンに愛を感じるというか・・・もう隣に居る事が当たり前で何も言わなくてもお互いを理解して寄り添ってるんですよ。ジャンが危険な時はバクシーが自然に助けるし、バクシーが危険な時も自然と助ける。
そういうちょっとした積み重ねで仲が深まっていくのを感じられてバクジャンのそこが凄い好きになった所なんです!
あーもう絶対これ何が言いたいか半分以上伝わってない気がする!!!(T_T)

で、話はデイバン編に戻りますが・・・DGのやっている事はデイバンにとってはいいことなんだけど、ジャンは色んな組織から目を付けられるようになってしまうんですよね。
GR:5ともとうとう対峙するときがくるようになるんですけどここがまた良かったです。゚(゚´Д`゚)゚。
ジャンは幹部達にマジソン刑務所で見捨てられたと思っていて、でも幹部たちはやむを得ずジャンを残して脱獄するしかなくてしかもそれを悔やんでるんですよね・・・。
ジャンは見捨てられたと思ってのうのうとCR:5の幹部に戻ったあの4人に復讐してやる!!って思いながらデイバンに来たのに、いざデイバンに来てみたら街は荒れ放題、ボスアレッサンドロは行方不明、いざ幹部たちに会ったら会ったで脱獄の時の事を申し訳なく思ってて謝られて・・・。
あんなに復習してやるって息巻いて居たのに殺せる瞬間になった時に戸惑いが生じてしまうのがジャンらしいし幹部4人もそれぞれ違ったジャンへの想いが垣間見えて幹部たちとの対峙はどれも目が離せないものになって居ました・・・。
一つ掛け違っただけがこんなことになってしまって本当切ない〜!!
でもCR:5の幹部たちと敵同士になってしまうってプレイ前は全然想像できなくて、敵対している時もすごい複雑な想いもあったんだけど、対峙した時の幹部たちとジャンのやりとりを見て居たらなんかそんなのどうでもよくなって、悪卵での関係性はこれでいいんだなってすごくしっくり来ました。

そして幹部たちを殺せなかったジャンに何も言わず見守っているバクシーが本当よくて!!!最高。ジャンのこと愛してるーってのがビシバシ伝わって来ました・・・!
ルキーノと会う時だってすごいヤキモチ焼いてる感じのことを言うのに最終的にはジャンの意思を尊重してくれるとことか本当カッコよすぎか!!!!!って思いました。
バカだなぁ・・・って思う時もあるんだけど、ジャンに対してはただのイケメンで素敵なダーリンになったり可愛くなったり・・・こう言うところがバクシーずるいなぁ・・・(笑)

その後色々あって、DGを解散することになった時・・・ヴァルター、リッカルド、テシカガ、ランドルフォの事が色々明らかになって、ここでもうボロボロと泣いてしまったんですけど・・・特にリッカルドー!!!!!。゚(゚´Д`゚)゚。
家族の為に頑張って来たのにそんなのってないや・・・子供とのやりとりでもう涙腺崩壊でした。
居場所がなくなった後また4人で集まってその後えらいことになっちゃうんですけど、もーここ怒涛の展開すぎてドキドキが止まらんかったよー!
まずジュリオね・・・バクシーをかなり警戒してた事もそうだし、脱獄時にジャンを見捨てる形になってしまった事・・・色んなことがジュリオにとっては辛いことだと思って居たのでだんだんとジュリオが病んでいってる感じがすごーく辛かった!だからあんな行動に出てしまってDGの幹部4人が危機的状況になった時ももー泣きまくりました(笑)
ジャンを逃がす為に4人がついた優しい嘘であんなことになった時は本当涙が止まらなかった(;д;)
もーめっちゃジャン色んな人に色んな形で愛されてて慕われてて・・・。
でもあんなに泣いたのに、BESTENDを見た時はエェェェ涙返せ!と思いましたけど(笑)
あそこからEDまでに一体何があったのか詳しく教えていただきたいwww
あとあとバクジャンがデイバンから脱出するときにスラムの人たちが助けてくれるシーン・・・何気なくやって居たテシカガのあの行動が結果的にジャンを助けることになって居てあそこですごい鳥肌が立ちました・・・。
このテシカガの行動ってさらっと会話の中に出て来ただけなのにこうやって繋がっててもう最高・・・!こう言うの本当好き・・・!

で、こっからEDが色々と枝分かれしていくんですけど・・・BESTENDはもう文句なしに最高の形で終わっているんですけど個人的に一番刺さったEDがスチルありのBAD。色んな意味で胸を削られました・・・○| ̄|_
バクシーがどれだけジャンを大切に思って居て必要な人だったのか、彼の様子ですごく分かるのでこのEDはあって良かったと言うか大切だと思うんだけどやっぱり辛すぎる〜(´;ω;`)
あんな必死なバクシー見たかったような見たくなかったような複雑な心境になってタイトル画面になってもしばらく放心状態でした。

他のEDはどのEDもしっくりくるんですよー!!!!
特にCR:5としてのEDはこう言う終わり方を見たかった!って言う終わり方で感動しました・・・。
どのEDにもきちんとスチルがあって素敵だったし、納得のEDでした。


あー本当全然言いたいことがまとまってない!!(笑)
分かるんだけど言いたいことが多すぎて自分でも訳が分からなくなってる( ノД`)
話があっちこっち言ってて読みづらいと思うんですけど・・・ごめんなさいw
でも本当に面白かったんだなって言うことは伝わるかなwww

マフィアたちの抗争は激しくて読めない展開にハラハラドキドキするし、殺伐とした雰囲気の中にも笑える部分もあれば恋愛要素もちゃんとあって床ローリングしちゃうぐらいの萌えもあるし(笑)
BLもの、血描写大丈夫って人はもう何も言わずにとりあえずプレイしてほしいぐらい面白いのでオススメです!!
シナリオがすごーく細かい部分まで描かれて居て本当に良いのでシナリオ重視の人でも楽しめると思いますよ!!!


まだまだ言いたいことはあるけどもうこれ以上はもっとごちゃごちゃしちゃうのでこれぐらいにしておこう・・・。
あ!でも一つだけ!!ジャンの過去のことだけ最後に喋らせてください・・・。

ここは完全にネタバレなので反転します!

<ここから>
ジャンの出生の秘密?は夢の中で描かれて居たけど・・・結局ジャンの父親はアレッサンドロでいいの・・・?
でも母がイーサンに『なんで迎えに来てくれないのか』あれって母はイーサンが好き・・・?イーサンが父なの・・・?ってもー混乱\(^o^)/
でもafterとかではアレッサンドロが父親だって言うのを匂わせてたし・・・。
分かってないのって私だけなのかな!?ちょっとここだけがモヤモヤしてしまいましたw
どっちが父親でもびっくりはびっくりなんだけどね・・・。
でも前作では私はアレッサンドロが実は父親なんじゃって思ってたからまさかイーサンも関係してるとは思ってなくてロックウェル編でのイーサンの動揺というか反応には結構衝撃を受けました。が結局どっちなの!!!www

<ここまで>


ではではここら辺で終わりますw
好き放題思いつくまま喋ってしまって何やらよく分からんことになってしまいましたがもしお付き合いくださった方がいらっしゃいましたらここまでありがとうございましたヽ(≧∀≦)ノ



いつも応援のポチをありがとうございます!グラッチェ♥(*゚v゚*)

にほんブログ村
スポンサーサイト

B's-LOGの感想とか色々

こんにちは!(○・_ゝ・○)ノ今日はとっても珍しい時間に登場です(笑)
まずはいつもブログにお越しくださり、そして前回の感想に拍手と応援のポチをありがとうございます!
毎回更新の励みとなっております~.゚+.(・∀・)゚+.

うちの職場は事務が私含めて2名しかいない小さな会社なんですけど、この間私が有休入れた日からインフルで休んでて・・・私は休みを取りやめて出勤中・・・(。´・(ェ)・)
一人の時に限って仕事が立て込むのでバタバタしててそれプラス自分自身も週末謎のめまいに侵されたりしてゲームはおろか、ブログすら書く余裕がなくてまたちょこーとご無沙汰しちゃってました(-∀-;)
今日は朝からダダダーっと仕事を終わらせたのでおしゃべりに来ちゃいました(笑)休憩とかも基本自由だし、ここらへんゆる~い会社なのでそこだけは本当有り難い・・・。すんごいメンドクサイというか堅苦しいところもあるんだけどね(゚∀゚;)


そうそう!ツイッターではちょろっと言ってたんですが、19日の土曜日、刀剣乱舞の映画へ行ってきました~ヽ(≧∀≦)ノ
めちゃくちゃかっこよかったー!!!舞台は舞台上の限られた空間での芝居なので、また映画となるとよりリアルで、殺陣も迫力がありそしてまさに本丸がそこに!!!って感じで凄い感動した・・・。
今まで自分の中でイメージするしかなかった本丸のあれこれがちゃんと映像としてあって・・・もう自分の語彙力が無さ過ぎて上手く言えないけど審神者と刀剣男子との関係性とかまさに自分の想像していた通りで!やりとりとか聴いてるのも楽しかったです。
そういった部分も含めて映画になってよかったな~って思いました。

舞台版でもあった『本能寺の変』の事がテーマになっていたんだけど、また舞台版の解釈とは違ったものとなっていて凄い面白かったです。そういう解釈で描くのか!!!と興奮したwww(*゚ェ゚*)

父もアクションとか時代ものが好きなので、私が映画観に行くと言ったら行きたい!と言い出し・・・『え、本気?マジで?』と何度確認しても行くというのでチケット取ってあげつつも本当に2.5次元を理解出来るのか不安で仕方が無かったんですが割りと楽しめたそうです(笑)
もちろんツッコミどころ(鉄砲で撃たれたら普通は倒れるけど、とうらぶの世界だと軽傷とかじゃないですかwwwそこらへんが理解出来なかったみたいww)は多かったけど、シナリオは面白かった!と言っていたので、全くとうらぶという世界観を知らない人でも楽しめる映画になっているんだな~と思いました。
武将の持っている刀なんて知らなかったけど、あれって本当なのか?とか色々終わった後聞いてくるぐらいだったから面白かったんだろうなwww


パンフももちろん買ったんですけど、特殊な紙でキラキラしていて凄い綺麗なパンフだった・・・。
ネタバレ的な部分はちゃんと袋とじみたいになってて手が混んでた(笑)

私はミュージカルより舞台派なので、キャストの大半をそのまま使ってくださってて歓喜だったんですが・・・舞台派の人でもミュージカル派の人でも嬉しい要素をちゃんと入れてくれたりしていたのでこれから観に行くって方はお楽しみに(´∀`*)www


さて、今日の本題はビズログのこと!
発売日に本屋へ行ったら結構大きな書店だったのに(検索機があるぐらいの)もう売り切れで取り寄せになるって言われてやっと昨日手に入れられたー!!!気になってた事が沢山あったので、今日はちょっとその中の特に気になる部分だけ喋りますね。


オトメイトパーティ2019

一番最初がこのページだったのでちょっとビックリしたんですけど(笑)
今年はなんと開催日が6/1と6/2!
しばらく6月じゃなかったのでまさか今年6月になるとはー・・・(T_T)
ピオフィとかシャレマニとか来るんじゃないかと思っていたので、今年こそは行く!って決めて友達とも計画してたんですけどまさかの6月・・・。
実は声の王子様が次の週、6/9に幕張メッセで開催されるので東京へ行く予定だったんですよー○| ̄|_
月に2度・・・しかも2週連続で東京へ遠征はちょっとキツイよなぁ・・・。
しかも前日にディズニー行く予定にしてたし絶対お金が飛ぶよ・・・(笑)
6/2の日曜の昼だと行けなくはないので・・・その日に何の作品が来るのか発表されたらまた考えようと思います・・・。
あぁ本当お金湧いて出てこないかなぁ・・・www


Tokimeki Memorial Girl'sSide DAYS 2019

ときメモGSのイベントが4/13(土)と4/14(日)に開催される!!ひっさしぶりじゃね・・・?
昨年にスタートしたはばたきウォッチャー公式Twitterで登場した男の子たちのなにかがあるらしいんですけど・・・何か新作発表とかないかな・・・って期待しているんですが・・・。
定期的に過去作をプレイしたくなるんですけどいい加減新作やりたいー!!!!
私はイベントには行けないけど、どんな発表があるのかドキドキワクワクです・・・。


華アワセ いろは編(PC)
発売日未定

PCゲームということでずっとスルーしてきたのだけど、ラキド熱で由良さんキャラデザの華アワセもプレイしたくなっています(笑)
しかもmacでもプレイ出来る?!えー知らんかった!!でも1作目がもう発売してからかなり経っていて売ってないよ~(;д;)
続きでプレイしなくても問題ないのかなぁ・・・。
えっと今回載っていたいろは編はその華アワセの新作という事らしいんですが・・・今までプレイしてないので良く分からない(笑)
えーっと今回は今までの華アワセシリーズとは異なる世界観で、いろはの水妹として登場していた百歳が今作では男の子になっているということで、ビジュアルが載っていたんですが・・・普通にイケメン!www
今までと異なる世界観って事だし、これから初めても楽しめそうだな~と思ったので、ちょっと情報を引き続き追っていきたいと思います!


レンドフルール(Switch)
2019年4月25日発売予定

ずっとプレイしたいと思いながら買えていなかった作品なのでもちろん買いますよー!!
しかしベタ移植だけで追加要素はないんですね・・・残念。
問題は通常版にするか限定版にするか・・・なんですが、特製B3サイズ布ポスター・・・これは正直いらないんですよね・・・。
でもビズログに載ってた限定版イラストが素敵すぎて!このパッケージを拝みたいがために限定版買ってしまいそうな・・・。
あとは店舗特典次第かなぁ・・・。予約特典がオリジナル缶ポーチってなってたんだけどどういうの?!(笑)
そのまま缶のポーチってことなのかな?そりゃそうか・・・サイズ感とかどんなもんなのか気になりますね!
出来ればポイント購入出来る楽天さんとかで買いたいとこだけど、でも正直、ここんところステラさんとかの店舗特典をプレイ後に欲しくなる傾向にあるのでそっちで買っちゃったほうがいいかなぁ・・・。
とにかく早く詳細が欲しいー!!!これで4月はバリバリ含めて4月は購入2本になっちゃった。


大正×対象アリス-oll in one-(Switch)
2019年4月4日発売予定

対アリも移植なのかー!!!しかもこっちは追加要素ある~!
対アリ・・・昨年新品で購入してそのままプレイせずに来ちゃったので勿体無いので私はまずVita版プレイします・・・(´д⊂)
追加気になるけどね・・・勿体無いからね(笑)
しかしここに来て一気に移植の情報がポーンときたね・・・まさか4月に2本も移植来るとは思ってなかった。


Music Clavies
楽器メーカーヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス完全監修による、楽器擬人化プロジェクト・・・だそうです。
まさかヤマハミュージックが乙女業界に参入してくるとは(笑)
でもなかなか面白そうな雰囲気がしました!!イラストは花邑まいさんでシナリオはかずら林檎さんでまずプロジェクト第1弾としてCDを発売するそうです~!

▼フォルテ(CV:小松昌平) モデル⇒グランドピアノ
▼ヴェルニーチェ(CV:野島裕史) モデル⇒ヴァイオリン
▼クレイ(CV:日野聡) モデル⇒アルトサックス
▼アルク(CV:櫻井孝宏) モデル⇒チェロ
▼ルル(CV:豊永利行) モデル⇒オーボエ

さすが花邑さん・・・どのキャラもかっこよかったです。個人的に見た目だけで行くとヴェルニーチェとアルクが好み♡
最初どの楽器をモデルにしてるか分からずこの2キャラがカッコいいー!!って思ってモデルがヴァイオリンとチェロだって分かった時やっぱり私は弦楽器が好きなんだな・・・って思ったwww
でも楽器でいうとオーボエも好きなのであの扱いにくい楽器をどんな風に豊永さんが演じられるのか・・・とか色々気になりますw
第1弾はCDということなので・・・今後色んな展開していくのかな・・・?是非CSゲーム化していただきたいな(笑)
それも売上次第かな?って事でCD買ってみようかな~って思ってますw続報が楽しみ!


蛇香のライラ~Allure of musk~第三夜
2019年2月2日発売予定

プレイ環境が無いので、今までムービーとか情報とか見ないようにしていたんだけど!
目に飛び込んできたスチルが妖艶すぎてキャー!って声が出た(笑)
え、え、ライラって年齢制限ありじゃなかったよね?!大丈夫?!(笑)
第3弾は一番気になってたライザールとジェミルが登場するとのことで・・・ライザール見た目通り情熱的な人なのかと思ってたんだけど・・・ただそれだけではないとのことでどんな感じなのか気になりますね~。
あーだめだすんごいプレイしたくなっちゃってるー!( ノД`)オトメイトのPCゲーは高スペックなのでどう頑張ってもPC買わないとプレイ出来ないんだよねぇ・・・。


金色のコルダオクターヴ
2019年2月14日発売予定

買う事にしたので隅々までちゃんと読みました(笑)
フェスタルートとキャンプルートというのがあって攻略対象は総勢22名・・・・乙女ゲーム至上最多人数じゃない?ww
フェスタルートはコルダ2のキャラを、キャンプルートはコルダ3のキャラが攻略対象のようです!
私はやっぱりフェスタルートからプレイしようかな!シナリオは学外コンサート後に目を覚ましたら見知らぬ草原に居た香穂子が待ちに出ると月森たちと再会する・・・ってところから始まるのかな?!
ということは完全にアンコール後の恋人関係になってない状態での話ですね?ふむふむ。ちょろっと恋愛イベントの事が載っていたけどどのルートも面白そう~!
2・3全員がカンパネラ学園の生徒になっているということで、ちょっとした絡みもあるっぽくてそこんとこも楽しみだな~。
だって3だと2のキャラはもうプロとかになってるし、絡みという絡みがないもんね!
音ゲーは難易度4種類ということですがとりあえず一通り色んな難易度で試してみたいと思っています!トロフィー全部ありそうで怖いな~www
えーっとあとコーエー特有のDLCがあるんですが・・・そこに書いてあった隠しルート・・・これも購入しないとプレイ出来ないんだって!!調べてみたら1500円もするよ!!本当商売上手だな・・・。隠しルートぐらい入れといてくれよ・・・って思ったけどね(笑)
だけど無料の掛け合いイベントはなんと全66本もあるそうですよ・・・!多い・・・ww

あと追加エピソードとかいつも通りのバレンタインとかの新規イベントは購入制なんだけど・・・登場キャラが多いので全部購入しようとするととんでもないことになりますね・・・。
今発表されている中だと、バレンタインイベントだけどいつもセット売りもしているけどそれ見てみたら、2キャラのセット(11人)は2800円+税、3のキャラのセット(14人)は3500円+税・・・・・。
おぉぉ・・・これは・・・高いな・・・(;゜0゜)

そしてグループ楽曲も購入すればプレイ出来るらしいー!これは嬉しい!
2/21にHallelujah-ハレルヤ-、CORONA -光冠-、GREEN FOREST GREEN、ROSY ROSA ROSY、LILA LAVANDULA LILAの5曲が配信されるそうです。
各1000円+税で、曲+エピソードが追加されるそう。ボイスなし。
セットだと3,000円+税なのでどうせならセット購入の方がいいかなぁ・・・

個人的に2/28に配信予定の恋のキューピッドイベントが気になります!
ヒロインと男性陣の、時代を越えて深まる友情の物語。 彼女と彼の、恋のキューピッドに…?
めちゃ面白そう~!!!だけど全部買おうとしても・・・・ソフト1本分の値段が・・・ね((´・ω・`;))

そして「金色のコルダ オクターヴ」キャラソン・ゲームサイズ全曲集と「金色のコルダ オクターヴ」テーマソング~『OCTAVE~奇跡の鐘を鳴らそう~』&『SONGS』~が同日発売となるようです。知らんかった!
3/13発売予定で各グッズ付き限定盤は4,445円+税、通常盤は3,800円+税だそうです。
「金色のコルダ オクターヴ」キャラソン・ゲームサイズ全曲集はゲーム本体でプレイできるキャラソン(ゲームサイズ)の全曲集でDisc2には、コルダキャスト2名[谷山紀章さん&伊藤健太郎さん]による、トークやキャラクターメッセージにくわえて、ボーナストラックを収録予定。
「金色のコルダ オクターヴ」テーマソング~『OCTAVE~奇跡の鐘を鳴らそう~』&『SONGS』~は新曲2曲の様々なバージョン(全フルサイズ)を集めたアルバムでDisc2には、コルダキャスト2名[森田成一さん&岸尾だいすけさん]による、トークやキャラクターメッセージにくわえて、ボーナストラックを収録予定。

楽曲集は嬉しい~って思ったけどゲームサイズなのか・・・(笑)
本当商売が上手いですね・・・コーエーさん・・・ww


とまぁこんな感じかな?
あと遙か6DXの記事もあったけど特に新しい情報はなかったし・・・喧嘩番長乙女の新作は共通ルートのストーリー紹介とかがありました!
バリバリの情報も載っていたけど、もうバリバリに関しては情報を入れずにプレイを楽しもうと思っているのでパラパラーと見るだけにしました(´Д`*)

オクターブの事を書いてたら過去10年間のキャラソンベストやっぱり欲しいな~ってなってきて・・・改めて値段みてやっぱり無理・・買えないってなりました(笑)
値段もお高いけどさ・・・あれを全部PCに落とし込もうとしたら凄い時間かかるよなぁって考えるとやっぱり手が出せないや(^∇^;)


もうすぐ文化放送エクステンド「eXtend」さんの新作ゲームの詳細が発表になるしまだまだワクワクが盛りだくさんで嬉しい~!!
しばらく4月以降の発売が決まってないな~なんて思ってたのに・・・というか最近発売日発表から発売までの期間が短い気がします(笑)
来月というかもう3週間後には早速オクターブが発売になるのでそれまでに薔薇ヴェリ終わらせなくっちゃ~!!

それでは長々とここまでお付き合いいただきましてありがとうございました!
ではでは~ヽ(´∀`)ノ



いつも応援のポチをありがとうございます!!(ou(工)u)ノ

にほんブログ村

薔薇に隠されしヴェリテ 初回&キャラ別感想【フェルゼン】

こんばんは!!(ノ´▽`*)b☆いつもブログにお越しくださり、そして前回の感想に拍手と応援のポチまでありがとうございました!
毎度更新の励みとさせていただいておりますです(〃▽〃)

もうヤバイ・・・・これはヤバイぞ・・・ってぐらいラキドにはまりまくっててすっかり報告するのを忘れておったんですが(別に忘れててもいいんだけど笑)金色のコルダオクターブも予約しちゃいましたよーwww
あんなに音ゲーだから今回ちょっと見送る・・・とか言ってたのにね!(笑)いやーだってそういう人多そうだし、もし売上げが芳しくないとかなっちゃったら今後のコルダの展開が変わってくるんじゃないかと心配になっちゃって!!
さすがにBOXは手が出せないので通常版ですが、発売日に届いたら一応はプレイしてみようかなって!
シナリオがどんな感じなのかとかシステムとかもよく分かってないけど、音ゲーだし軽くプレイ出来るかな~なんて思ってるんですけどどうなんでしょう?
前に記念放送でプレイしている様子を見られたんですが、イージーハードだけじゃなくて、超絶技巧とかいう意味の分からない(笑)ものがあるんですよ!
それもオートプレイしている様子を見られたけどあんなの出来る人いるの・・・?(゚д゚)って感じだったので多分私は出来ないんですけど怖いものみたさとどれぐらい出来ないのかちょっとプレイしたいなっていう気持ちもあるので一度はチャレンジしてみたいと思いますwwww
音ゲーなのでSwitch版ではなく使い慣れたVita版で予約したんですけど・・・トロフィーあるじゃん!ってある方のブログを読んで気付きました(笑)絶対トロコンとか無理だねー\(^o^)/
まぁトロフィーの事はあまり気にせず、楽しみたいと思います!折角入れてほしくて投票した曲も入ってるんだしね!
曲を楽しむ為にのんびりプレイしたいと思います♪


さて、薔薇ヴェリの感想を何人かまとめて書こうと思ってたんですけど、すっかりラキド1悪卵にはまっちゃって薔薇ヴェリが1周プレイしてそのままになってしまっています・・・(^▽^;)
なので忘れちゃう前に感想を書きにきました!

ゲームの内容にちょろっと触れていますので、見たくない!って方はここでそっと画面を閉じてくださいね。






この薔薇に隠されしヴェリテというゲームですが、フランス革命を題材にしたゲームで、高木さんの作品だし面白いのは分かるんだけど、人の旦那様まで攻略対象になっているので(ルイ16世)そういう奪略?系はちょっと苦手だったりもして楽しめるだろうか・・・とちょっと心配だったんですけど、どっぷり世界観に浸って楽しんでプレイ出来ました(笑)

しかしですねーとにかくプレイ時間が長い!!!分かっていたけど、分かっていたんだけど長いよ!(笑)
キャラの性格は置いておいて、オリジナル要素が入りつつもわりと物語の流れは実際の話に忠実だったりするので、ストーリーの展開が華ヤカの時の様にひとつひとつが細かく丁寧に描かれているのでその結果長くなっちゃうんだろうな・・・。
キャラの心情の変化とか、一つの事が起こった時に裏ではこういう事が起こっていて・・・とか本当に細かくきちんと描かれているのでそういうのをきちんと理解してプレイ出来るし、解決したと思ったら新たな問題が発生したり・・・と色々怒涛に展開していくので目が離せなくて夢中になっちゃうぐらい面白い。・・・んだけど疲れる部分もありました(>▽<;;

今回オーストリア皇女アントーニア(後のマリーアントワネット)の召使いのリーゼという女の子が主人公なんですけど、プレイしていて華ヤカのハルちゃんによく似ているな~って思いました。(性格がね)
アントーニアのわがままだったり、彼女たちの周りに巻き込まれる事件などに巻き込まれ翻弄されながら攻略キャラたちに出会っていくんです。
主人公がアントーニアのわがままに振り回されても健気に頑張るし、何があってもへこたれない強さもある子で凄く好印象な面もあれば空気を読めない面もある子でした。途中でやっぱり流されるまま・・・というか振り回されっぱなしというか・・・(笑)
そういう面もあるのですんごいヤキモキさせられるんだけどこの子のこういう性格だからこそっていう展開もあったりしてそこがまた面白いんですよね。失敗しながらも一歩ずつ成長していく姿を見守れてそこもまた面白かったです。

で、基本ストーリーの流れは史実通りなんですけど、オリジナル要素も入っていてそれが『身代わりの薬を使って主人公がマリーアントワネットに成りすます』っていう・・・。

一気にファンタジー要素が入り込んできた\(^o^)/(笑)

でもその要素は違和感なく自然に、史実通りの出来事にも馴染んでいるので凄いですww
でもこれが結構無理やりというか・・・(笑)姿はマリーアントワネットになっているけど声はリーゼ本人のままだったりするので、いやいや絶対ばれるって!!って感じなんだけど無理やりやり通していてそこが凄く面白いんですよwwww
序盤は結構そういう無理してる感が面白くてわちゃわちゃしている楽しい雰囲気で進んでいくんですけど、個別ルートに入った辺りから一気に史実通りの苦しい展開に・・・。
こういう所もやっぱり華ヤカと似たところがあるなぁと思いました。なので華ヤカのあのストーリー展開を楽しめた人はきっと楽しめると思うのでプレイしてみていただきたいな・・・。

フランス革命がテーマになっていてストーリーがその史実通りに割りと忠実に進んでいくけど、ベルばらとか好きで詳しい方でも多分オリジナル要素も上手く練りこまれているので楽しめると思います。私は学校で習った程度ぐらいしか知らなかったけど、そういう人でも楽しめるようになっています!

クエストも華ヤカのときと同じような感じなので結構時間が掛かります!私は、こういうこまごました作業的なものが好きな人なので楽しめたんですが・・・貴族ポイント、平民ポイントの振り分けがすごくめんどくさい!
こういう特殊なシステムは特にいらないなぁ・・・って思ったんですけど、あれって必要なのかな?( ̄ー ̄)


ということでここから1周目にプレイしたフェルゼンの感想にいきたいと思います。
ネタバレしないよう気をつけては居ますが・・・話の流れとかは喋っちゃってるので、一応見たくない方のために隠しておきます!
読まれる方はお手数ですがポチっとお願いします。


フェルゼン伯爵(CV:興津和幸)



1周目からかなり泣いちゃったんですけどー。゚(゚´Д`゚)゚。
これルイのルートとか大丈夫かな・・・私の目溶けるんじゃないの?

めっちゃフェルゼンの後日談が気になるんですけど、とりあえず2周目はダントン狙いでプレイ開始です。
ダントンは凄くいい人だし明るい人だし好きだったんだけど・・・フェルゼンルートのある件でかなりショックを受けたのでその衝撃が抜けきれず・・・ちゃんと楽しめるのか心配・・・。

でもとりあえずラキドを先に終わらせたいと思うのでダントンルートはちょっとお預け!(笑)

それではここまでお付き合いくださりありがとうございました!
ではでは~(゚∀゚≡゚∀゚)



いつも応援のポチをありがとうございます!!|д゚)チラッ

にほんブログ村
About this site
About me
乙女ゲームが大好きなとっくに成人済みのオタクです。
ここでは主に自分のプレイしたゲームなどの感想をただひたすら呟いています。
どうぞお気軽にお声がけください♪とても喜びます(*´ω`*)w

【画像について】
当ブログで使用するバナー、画像等の著作権は全て各会社様に帰属致します。